表示させるウィジェットをページごとに指定できるプラグイン Widget Logic

もともとは固定ページ投稿ページで違うサイドバーにしたい程度だったけれど、
プラグインを探してみたら、
もっと細かく、ページごとにウィジェットの表示・非表示を指定できるものが
たくさんあることがわかった。

最初はチェックボタンで選ぶだけの「Display Widgets」というプラグインを気に入って使っていたのだけど、最新版に悪意あるハッキングコードが含まれていたとのことで、WordPress公式から削除されてしまった。

というわけで、「Display Widgets」を入れる前に比較検討したものの
条件分岐の指定が面倒そうに思えて却下した「Widget Logic」に乗り換えてみた。

使ってみると、条件分岐はちっとも面倒でなく、むしろ明快ですっきり😊😊😊


Widget Logic」のプラグイン有効化したら、
いつものウィジェットの枠の中に「ウィジェットのロジック」という欄ができているので
そこに条件を入れて保存するだけ✨

例えば、カレンダーウィジェット
投稿トップ投稿ページアーカイブページに表示させたい時は以下のような指定。

表示させるウィジェットをページごとに指定できるプラグイン Widgets Logic

◆条件指定のしかた

サイトトップ・投稿トップをそれぞれ固定ページにしている場合

is_home()-----投稿トップページ
!is_home()-----投稿トップページ以外

is_front_page() -----サイトトップページ
!is_front_page()-----サイトトップページ以外

サイトトップ=最新の投稿 にしている場合 (以下、どちらの書き方でもOK)

is_home()-----トップページ
!is_home()-----トップページ以外

is_front_page() -----トップページ
!is_front_page()-----トップページ以外

※条件の前に「!」をつけると、「~以外」という意味になる。



is_page() -----すべての固定ページ
is_single() -----すべての投稿ページ
is_mobile() -----スマホ・タブレット
is_page(1)-----特定の固定ページ(1などページIDを指定)
is_single(1)-----特定の投稿ページ(1などページIDを指定)

※ページIDは、そのページの編集時のURLの中の post= の数字の部分。

is_page(array(1,3,5))-----特定の複数固定ページ(1,3,5など、ページIDを指定)
is_single(array(2,4,6))-----特定の複数投稿ページ(2,4,6など、ページIDを指定)
is_archive()-----アーカイブページ
is_category()-----カテゴリーページ



※条件を組み合わせて使いたい時は…

  または の時は || で条件をつなぐ。
  かつ  の時は && で条件をつなぐ。